公認会計士になるためには、国家資格試験を受験し合格することからスタートです。難易度も高く、一朝一夕で理解して合格できる試験ではありません。長い時間をかけて勉強していかなければいけないでしょう。必要な勉強期間は、その人のこれまでの実績などでも異なります。それでも、勉強方法の違いによって変わってくる部分も多く、5年はかかるとも言われているほどの難易度と知識量です。

勉強国家資格試験だけで考えても、勉強に費やす時間は短くありません。ほとんどの人が、2年以上の時間を費やしていきます。さらに、研修期間は最低2年かけなければいけませんし、その後のロードマップまで含めれば、実質5年はかかるのは当然といったところでしょう。ですが、できるだけ早く合格したいと思うのが当たり前です。社会人になってから取得を考える場合には、それなりにいろいろな障壁があります。公認会計士の世界に飛び込むという意識だけでは乗り越えられない現実もあるからです。

道を切り開くという意味では、勉強方法を考えなおし、効率化させていくしかありません。合格できるかどうかの壁を超えれば、その先も見えてきます。逆に合格できなければ、いつまでたっても足踏みをするしかないのですから、利用できる物は何でも使っていくぐらいの姿勢が必要でしょう。社会人講座を活用して効率よく合格を目指すというのも、効率の面から当然の選択となるのですから、どれぐらいの時間がかかっていくのか、もっと参考にしてみて効率化を考えてみていはいかがでしょうか。