公認会計士の資格取得を考えた場合、独学では時間もかかり、確実性に劣ることから、社会人講座を受講して取得を目指すのは大事な選択肢になってくるでしょう。独学でおこなうと、費用は少なくて済みます。しかし、効率の良い教材はなにかもわかりませんし、公認会計士の試験に向いている書籍も判別できないでしょう。経験があればそれも見極められるかもしれませんが、そんな経験を積む間に相当な時間が過ぎてしまいます。それならば、社会人講座を活用して効率よく進めることがメリットになってくるでしょう。

社会人講座社会人講座といってもひとつではありません。さまざまなかたちが存在しているなか、どれを選ぶのかによって、効率も変わってきます。相性もあるため、すべてがいいわけではありませんが、少なくても独学よりも効率が上がります。違いとして大きなところは、スクール形式なのか通信形式なのかでしょう。授業の仕方に大きな違いがありますし、通えるかどうかの違いもかかわってくる部分です。

この二つのかたちは、料金にも差があります。スクールに通うタイプは自分の時間に合わせられない部分もあり、どうしても高くつく傾向があるでしょう。通信型は基本的に安くなっていきます。その代りに、生で講師に教えてもらう機会が少なくなるため、疑問点の解決に問題が出ることがありますが、一長一短になってくるため、自分に合った方法を考えるのがポイントです。