社会人講座を活用して公認会計士を目指していくのは効率化に強力に作用するからです。スクール形式か通信形式化でも違いますが、どちらも高いレベルの知識と経験を持った社会人講座を活用できる点が重要です。これだけでも大きな対策となり効率化になるのは、専門家であり、どんな勉強をすれば合格に近づくかを知っている点が重要でしょう。これがわからないからこそ、うまくいかないからです。

スクール形式スクール形式の場合、周りにいるのは同じように社会人講座を利用して合格を目指している人です。同じような意識を持っている人間が周りにいれば、必ず刺激を受けるでしょう。これが長い期間勉強していく中で、中だるみを防止できます。危険なことですが、どうしてもたるんでしまうこともあるでしょう。ライバルでもあり仲間でもあるのですから、いろいろと刺激を受け、やる気にもさせてくれます。

お金を払って講座を受ける事実も重要なポイントです。独学はお金がかからない代わりに、しょうがないと思ってしまうところも出てきます。講座にお金をかければ、何とかして取り返そうと、気持ちも張っていけるでしょう。モチベーションを保つことが長期の勉強では重要になってくるため、こうした刺激を受けられる時間を利用するべきです。